ブログトップ

♪♪ミヤコのサロン♪♪

kabutoyama.exblog.jp

              

回文

c0009275_22481426.jpg

     大西 のり子 さんの本を借りて、回文の魅力にとりつかれた。

     上から読んでも下から読んでも 『トマト』

     『竹やぶ焼けた』  『たけやぶやけた』

     『小西 似呼』   『こにしにこ』 孫の名前

   回文の本を次々探して、ネット検索すると膨大な回文に出会えた。

   長いの、面白いもの、ユーモア、怖いものetc 

   然し、母上が俳人の大西のり子氏の作品が最も 美しいと思った。 

  薔薇を手折らば
  ばらをたおらば

  冬の野の夕
  ふゆのののゆふ

 芳しき百合散りゆきし晩夏
かんばしきゆりちりゆきしばんか

  霜置くか秋風柿赤く重し
しもおくかあきかぜかきあかくおもし

[PR]
by maranata1212 | 2016-12-28 22:52 | 2016年12月 | Comments(0)